パニック

『新感染』続編のキャストと公開日は?ゾンビの発生原因もおさらい!

『新感染』続編とゾンビ発生の原因!

ゾンビが出てくる映画!?と敬遠していたものの、観てみるとハラハラドキドキ!

パニックに陥ってもなお人を思う心の美しさ、また人を押しのけて自分だけ助かろうとする人の醜さなど。

ゾンビが出てくるパニック映画ながら色々考えさせられることが多かった、そして面白かった『新感染 ファイナル・エクスプレス』

その『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編である『PENINSULA(原題:半島)』が2020年7月15日、本国韓国で劇場公開されました。

ここでは、その『新感染』続編の『PENINSULA(原題:半島)』のキャストや公開日をお伝えします。

また、続編を観る前に、前作でも問題となったゾンビ発生の原因もおさらいしてみたいと思います。

 

『新感染』続編のキャスト紹介

メインキャスト

元軍人 ジョンソク役/カン・ドンウォン

役柄:元軍人。パンデミックにより香港に逃げていたが、ある任務のためにソウルに戻ってくる。

カン・ドンウォンさんのプロフィール

生年月日:1981年1月18日 現在39歳

身長:186cm

血液型:B型

主な出演作品:『MASTER マスター』『ゴールデンスランバー』『1%の奇跡』『マジック』『威風堂々な彼女』

ミンジョン役/イ・ジョンヒョン

『新感染』続編に出演の女優イ・ジョンヒョン

出典・美韓

役柄:民兵集団に襲われたジョンソクを助ける母娘の母。

ジョンソクと共に半島からの脱出を図る。

イ・ジョンヒョンさんのプロフィール

生年月日:1980年2月7日 現在40歳

身長:163cm

血液型:O型

主な出演作品:『やってきた!ファミリー』『美しき日々』『大王世宗』『野望の伝説』

『新感染』続編の日本公開日

本国韓国では2020年7月15日劇場公開されました。

ここ日本での劇場公開日は、2021年1月

 

『新感染 続編』の韓国でのタイトルは『半島』

英語タイトルは『PENINSULA』

日本では、このどちらの題名になるのでしょうか。

全く違うタイトルになるか、それも楽しみです。

『新感染』ゾンビ発生の原因

ゾンビ(息絶えたわけではないのでゾンビと呼べるか不明ですが)に襲われ、次々と感染し瞬く間に同じようにゾンビと化すその原因。

前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』の中で(終了30分程前)ゾンビ発生の原因について語られています。

それは、前作の主人公・ファンドマネジャーであるソグ(コン・ユ)と部下との電話でのやり取りから分かります。

電話口で部下(代理)が語った内容は

事の発端はユソン・バイオ社だそうです。僕たちが操作して助けたユソン・バイオ社!チーム長(コン・ユのこと)この騒ぎは関係ないですよね?僕たちは指示通りに動くだけ。僕の責任じゃありませんよね?

 

『新感染』で人間が次々とゾンビと化する原因は、主人公ソグ(コン・ユ)の顧客であるユソン・バイオ社から漏れた汚染物質(ウィルス?)によるものだったのです。

そのユソン・バイオ社がどのような研究をしていたのか、どのような経緯で市中に漏れてしまったのか、またその汚染物質の名前などは全く語られていません。

ただ、ユソン・バイオ社から漏れた汚染物質が原因であることは明らかです。

主人公ソグ(コン・ユ)は間接的ではあっても一連の騒動に加担してしまったことになります。

 

では、なぜ部下は「僕たちは指示通りに動くだけ。僕の責任じゃありませんよね?」と言ったのかを簡単にご説明しますと

前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』をご覧になった方は覚えていらっしゃるでしょうか。

冒頭部分で車の検疫をするシーンがありましたよね。

その検疫官は「バイオ団地で何かが漏れた」と語っていました。

その直後、会社のデスクでソグ(コン・ユ)が「魚が謎の大量死」のネットニュースに見入って頭を抱えていました。

その「魚が謎の大量死」の原因が、顧客であるユソン・バイオ社であることは分かっていたでしょう。

顧客であるユソン・バイオ社を助けるためにソグ(コン・ユ)は部下に株を操作するよう指示します。

その部下の連絡を受けてソグ(コン・ユ)は、ゾンビと化す原因、事の発端を初めて理解するのです。

スポンサーリンク

『新感染』続編の韓国での評価

2020年7月15日に本国韓国で公開された『新感染』の続編となる『PENINSULA(原題:半島)』は、公開初日に2020年の最高記録となる35万2926人を動員。

コロナ禍にもかかわらず、公開5日間での動員数は180万人を突破するなどの盛況ぶり!

前作のゾンビ・パンデミックから4年後の韓国が舞台のようですが、予告編を見る限りでは、前作とは全く違うものになっているということも話題になりました。

私も予告編だけの感想ですが、かなり違うことに驚きです!

『新感染』続編『PENINSULA(原題:半島)』の公開が待ち遠しい!


『新感染』の予告動画

『新感染』続編の予告動画

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の予告動画

前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』と続編『PENINSULA(原題:半島)』はかなり違います。

ご参考まで前作の予告動画もご紹介しておきます。

前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』を見るには

2021年1月5日現在

VOD 配信状況 付与ポイント 無料お試し 月額料金(税込)
U-NEXT 見放題 ・お試し   600p
・会員 1,200p
31日 2,189円
TSUTAYA TV ポイント対象 1,100p 30日 1,026円~
Hulu 見放題 2週間 1,026円
FODプレミアム 見放題 ・お試し   100p
・会員 1,300p ※
2週間 976円
dTV 見放題 31日 550円
Prime Video 有料 30日 500円
(年会費4,900円)
Netflix 見放題 880円~
クランクイン!ビデオ ・お試し 3,000p
・会員  2,000p
14日 990円~
Rakuten TV 有料 会費なし
(都度課金)

※TSUTAYAの見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルが対象です。

※FODプレミアムの会員になると毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400p付与(公式サイトにあるポイントゲットボタンを押しポイント申請した場合に限るので注意)
さらに、課金対象日に100p付与

本ページの情報は2021年1月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況については各サイトにてご確認ください。

前作【新感染】を無料視聴できる動画配信サービス

上の表をご覧いただいてお分かりのとおり、

【新感染】の動画が配信されているのは8社。

なかでもおすすめなのは、無料お試し期間があり【新感染】を見放題配信またはポイント視聴できるVOD!

無料お試し期間に見てしまえば、実質無料で視聴できてしまう!

おすすめポイント
  1. 無料お試し期間があること
  2. 見放題または付与ポイントを利用して視聴できること

①無料お試し期間に②視聴
 ↓  ↓  ↓
実質無料視聴できる!

そこで、おすすめのVODがこちら
  ▼  ▼  ▼

【新感染】をお試し期間に無料視聴できるVOD

U-NEXTを31日間無料で試す
TSUTAYAを30日間無料で試す
Huluを2週間無料で試す
FODプレミアムを2週間無料で試す
dTVを31日間無料で試す

おうちで韓ドラ見る人急増中!
まずは無料でお試し!

無料お試し期間内の解約であれば、料金はかかりません。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

 

まとめ

『新感染』続編のキャストと公開日は?ゾンビの発生原因もおさらい!

キャストは、カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン その他。

『新感染』続編『PENINSULA(原題:半島)』の公開日は2021年1月

『新感染』で人間が次々とゾンビと化する原因は

前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』で主人公ソグ(コン・ユ)がファンドマネージャーを務める会社の顧客であるユソン・バイオ社から漏れた汚染物質(ウィルス?)が原因。

ゾンビの映画!?なんて敬遠していましたが、前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』はただのゾンビ映画じゃない!

パニックに陥った人間の醜さ、またその真逆に人を思う優しさ、家族愛まで堪能できて2時間ハラハラドキドキ、そして最後は涙がうるむ。

そんな映画でしたので、『新感染』続編の『PENINSULA(原題:半島)』も期待しています!

 

 

ABOUT ME
Coco
Coco
はじめまして、Cocoです! このブログでは、「気になるー」「これから注目されそう⁈」「応援したい!」など、人や物にフォーカスした情報をお届けしていきます。 スキマ時間にサクッと読んで、リフレッシュしていただければ嬉しいです!