動画配信サービス

Netflixを複数端末で同時視聴できる台数やアカウント共有できる範囲は?2台目の登録方法とオフライン再生やデバイスの変更方法

Netflix 複数端末で同時視聴できる台数、アカウント共有できる範囲

 

Netflixを視聴してみて、こんな疑問はありませんか。

  • エラーメッセージが出て同時視聴できなくなった
  • そもそもNetflixのアカウントを共有できるのは、家族・友達・恋人、どこまで?
  • 2台目のデバイスの登録方法が分からない
  • オフライン再生ってどうやるの?
  • ダウンロードに使用しているデバイスが多すぎるって、変更するにはどうするの?

ここでは、このような疑問を1つずつ解説していきます。

この記事を読んでわかること
  • 複数端末で同時視聴できる台数・同時視聴する方法
  • アカウント共有できる範囲
  • 2台目のデバイスの登録方法
  • ダウンロードしてオフライン再生する方法
  • 視聴済みの動画を削除する方法
  • ダウンロードできるデバイスの変更方法

 

Netflixを複数端末で同時視聴できる台数

Netflixを複数端末で同時視聴できる台数は、契約プランによって違いがあります。

この同時視聴できる端末数の上限を超えた場合、エラーメッセージが出て同時視聴できないことがあります。

それでは、どのプランが何台まで同時視聴できるのか、見てみましょう。

プラン(料金)同時視聴できる端末数
ベーシック(990円)1台
スタンダード(1,490円)2台
プレミアム(1,980円)4台

 

ご覧いただいたとおり

  • ベーシックプランでは、2台目以降
  • スタンダードプランでは、3台目以降
  • プレミアムプランでは、5台目以降

端末数の上限を超えたデバイスでの同時視聴はできません。

 

続いて、このエラーメッセージが出ないように、しかも1つのアカウントを無駄なく共有する方法として、4人家族を例にご紹介していきます。

【例】4人家族が外出先からそれぞれのスマホで同時に視聴する場合

契約プランによって次のような方法があります。

 

スタンダードプランの場合

  • 2人がストリーミング再生(オンライン再生)
  • その他の2人はダウンロード再生

プレミアムプランの場合

  • 4人全員がストリーミング再生(オンライン再生)

 

※ベーシックプランの場合は、同時視聴台数・ダウンロード台数が各1台のため、4人家族で全員が同時に視聴することはできません。ただし、視聴する時間が重ならなければ視聴することは可能です。

動画をダウンロードするにはNetflixアプリが必須。

全ての作品がダウンロードできるわけではないので、ご注意ください。

 

エラーメッセージが出て同時視聴できないことのないよう、動画のダウンロードとストリーミング再生を組み合わせ、無駄なくアカウントを共有する方法をご紹介しました。

 

でも、実際に使ってみた結果、「やっぱり同時視聴台数を増やしたい」など変更したい場合も出てくるでしょう。

Netflixでは契約の縛りなどなく、加入後でもプランの変更や解約もできるので安心です。

 

同時視聴を考えた推奨プランをご紹介しておきます。↓
(※画質を考慮にしない場合)

1人ベーシックプラン
2人ベーシックプランまたはスタンダードプラン
3人スタンダードプランまたはプレミアムプラン
4人以上プレミアムプラン

 

ちなみに、どのプランを選んでも視聴できる作品数に違いはありません。

全て一緒です。

各プランの違いはこちら ↓

Netflix各プランの違い(料金以外)

  1. 同時視聴台数
  2. ダウンロード台数
  3. 画質

以上3点です。

 

この章でお伝えした『同時視聴』『複数端末』について

同時視聴とは

1つの契約(アカウント)を利用して、それぞれ別の端末で同時に動画を視聴すること。

複数端末とは

1つの契約(アカウント)に登録している端末の数。例えば、テレビ、スマホ、タブレット、パソコンなど。



スポンサーリンク

 

アカウント共有できる範囲

ここでは、Netflixのアカウントを共有できる範囲について、Netflixヘルプセンターに直接問い合わせ、いただいた回答を元にまとめてみたのでご紹介します。

アカウント共有可否
同居の家族
同居の友人
離れて暮らす家族×
離れて暮らす友人×

 

Netflixのアカウントを共有できる範囲

■ 結論

Netflixのアカウントを共有できるのは、同一世帯の人。

同一世帯であれば家族でなくても共有できる。

↓  ↓  ↓

例えば

  • ルームシェアしている友達
  • 同棲中の恋人同士 など

家族でなくても大丈夫です。

残念ながら、単身赴任中のお父さんや独立したお子さんなど離れて暮らしている家族の場合、アカウントを共有することはできません。

Netflixのアカウント共有は、同一世帯の人限定です。

 

2台目の登録方法

ここでは、2台目以降のデバイス(端末)の登録方法をご紹介します。

デバイスの登録は、どのプランでも台数に制限はありません。

(※プランによって台数に制限があるのは、同時視聴とダウンロードの台数です。)

 

以上で登録完了です。

Netflixアプリのダウンロードについては、デバイスによって方法が違うため、詳細は公式サイトでご確認ください。

 

オフライン再生する方法

動画をダウンロードしてオフライン再生

外出先からNetflixの作品をオフライン再生したい場合は、あらかじめ視聴したい作品のダウンロードが必要です。

(wifi環境下でダウンロードした方がデータ容量を気にすることなくダウンロードできます。)

ダウンロードした動画をオフライン再生できれば、スマホなどのデータ容量を気にすることもなく、またネットに繋がりにくい場所でも快適に視聴できて便利です。

 

 

視聴後の動画を削除する方法

視聴後に不要になった動画をデバイスから削除する方法をご紹介します。



スポンサーリンク

 

ダウンロードするデバイスの変更方法

ダウンロードできる台数も下記のとおり、プランにより違いがあります。

プラン名ダウンロードできる端末数
ベーシック(990円)1台
スタンダード(1,490円)2台
プレミアム(1,980円)4台

この利用できる端末数の上限を超えた場合、新たなデバイスでダウンロードすることはできません。

このような場合、エラーメッセージが表示されることがあります。

ここでは、この対処法としてダウンロードできるデバイスを変更する方法をご紹介していきます。

 

各プランで利用できる端末数の上限を超えた場合

例えば、ダウンロードできる端末数が2台のところを3台目でダウンロードしようとした場合

ダウンロードに使用しているデバイスが多すぎます。

とエラーメッセージが表示されることがあります。

↓  ↓  ↓

エラーメッセージが出てダウンロードできない時の対処法

いずれかのデバイス上からダウンロード作品を全て削除することで、別のデバイスでもダウンロードできるようになります。

つまり、いずれか1台からダウンロード作品を全て削除することで1台分の空きができます。その後、別のデバイスでダウンロードすることで、今度はそのデバイスがダウンロード可能デバイスとして変更されるということになります。

↓  ↓  ↓

 

Netflixに加入中であれば、削除しても再度ダウンロードすることはできますが、削除については自己責任で行ってください。



スポンサーリンク

 

まとめ

Netflixを複数端末で同時視聴できる台数やアカウント共有できる範囲について。

その他、2台目の登録、オフライン再生やデバイスの変更方法についてご紹介してきました。

Netflixについてのまとめ

Netflixの同時視聴台数とダウンロード台数

プラン同時視聴ダウンロード画質
ベーシック1台1台SD 標準
スタンダード2台2台HD 高画質
プレミアム4台4台HD+4K 超高画質

エラーメッセージなど出ることなく快適に同時視聴するには、契約プランの同時視聴台数を把握すること。また、ストリーミング再生とオフライン再生(ダウンロード再生)を上手く活用していくと契約の無駄を省けます。

アカウント共有:同一世帯(同居)のみ有効です。

アカウント共有可否
同居の家族
同居の友人
離れて暮らす家族×
離れて暮らす友人×

離れて暮らす家族間では、アカウントの共有はできないので注意が必要です。

 

Netflixの配信時間についてはこちらをご覧ください。↓

Netflixの配信時間に韓国ドラマの最新話が更新されないのはなぜ?
Netflix配信時間に韓国ドラマの最新話が更新されないのはなぜ?太平洋時間0時とは日本時間の何時? Netflixでドラマを視聴していると、次回の配信(更新)が待ちどおしいですよね。 それなのに『韓国ドラマがネットフリック...