暮らし

マスク夏用日本製で人気はどれ?ミズノ・ヨネックス比較!

サージカルマスクの画像

 

今年も暑い季節がやってまいりました!

1日中マスクを着けていると、顔は汗だくマスクの内は蒸れ蒸れ。

息苦しくて辛いですよねー。

もー、少しでも涼しくしたい!

ということで夏用で日本製のマスクを調査。

今回は、今人気のミズノ・ヨネックスの夏用マスクを比較してみました。

ミズノ・ヨネックスの夏用マスクを比較

こちらでご紹介するマスクは厳密には夏用のマスクとして販売されたものではなく、スポーツウェアなどの技術を駆使して通気性や速乾性などに優れた素材を使用して作られたもの。

これが一般的なサージカルマスクにありがちな蒸れを軽減するようです。

この3社のマスク、涼しい素材のため発売前から夏用マスクとして話題となり人気なんですよね。

それでは、その人気のミズノ、ヨネックスのマスクを簡単に比較してみましょう!

 

ミズノヨネックス
商品名マウスカバースポーツフェイスマスク
素材・
生地
2Wayストレッチトリコット(表)、独自のソフトな素材(裏)涼感素材「ベリークール」
機能伸縮性、速乾吸汗速乾機能、抗菌加工
サイズS、M、L不明
単色9色、プリント7種類、【新登場】アイスタッチ4色ブラック、アイスグレー、ピンク、ライトブルーの4色
値段(税込み)935円、990円、1320円924円

 

それでは、「ミズノ」と「ヨネックス」のマスクについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク



ミズノの夏用マスクの特徴・口コミ・販売について

ミズノ「マウスカバー」の特徴

「マウスカバー」の素材「2wayストレッチトリコット」とは

ポリエステル83%+ポリウレタン17%のミズノの水着や陸上ウェアで使用されている伸縮性にすぐれた素材

マスクの内側にはミズノ独自の肌触りのよいソフトなポリエステル100%の素材が使用されているので、フィット感があり飛沫の拡散を抑制

【新登場】アイスタッチとは


 これまでのマウスカバーの内側にミズノの涼感素材を装着したタイプ

汗と熱を素早く逃し心地よい清涼感が特徴とのこと。

お値段はこれまでのタイプよりちょっとお高めの1,320円(税込み)

こちらはインドネシア製。

きちんとしたメーカーのもので、涼しく過ごせれば、日本製にこだわらなくても!?と思ってしまう近頃のこの暑さ!

ミズノマウスカバー「アイスタッチ」に期待したいですね。

ミズノ「マウスカバー」を実際に使用した人の口コミ・感想

ミズノ「マウスカバー」を購入して実際に使用した人の感想がこちら

着用した瞬間にわかるのは、そのフィット感のよさ。本体に生地の段差がほぼないので、フェイスラインをやさしく包み込みながらも、ほとんどすき間がない印象だ。一般的なマスクだとすき間が気になる頬の外側やあごの下あたりも、やさしく、でもしっかりと寄り添ってくれている。何だか自分の顔に合わせてオーダーメードしたかのようなフィット感で、ストレスフリーだ。これはいい。

ヒモは、いわゆる“細いヒモ”ではなく、約1.2cmの帯状のものを採用。一般的なマスクの耳にひっかける感じではなく、ニュアンスとしては耳の裏側にハメている感じだ。これなら、長時間着用していても痛みを感じることもなさそうだ

気になった点をあえてあげるとすれば、パッケージから出したばかりの時に臭った素材の独特の香り。筆者も最初は少し気になったが、それほど嫌なニオイではないため、次第に慣れてしまった。

引用元:価格.comマガジン

実際に使用した方の感想を見ていくと、かなりフィット感が良いようですね。

長時間着用しても耳が痛くならないのはうれしい。

 

>>ミズノマウスカバー 公式サイトはこちらから


ヨネックスの夏用マスクの特徴・口コミ・販売について

ヨネックス「スポーツフェイスマスク」の特徴

ヨネックススポーツフェイスマスクの画像出典:ヨネックス

ヨネックス「スポーツフェイスマスク」の素材

表地 ポリエステル90%、ポリウレタン10%

裏地 レーヨン85&、綿10%、再生繊維(セルロース)5%

紐 ナイロン、ポリウレタン

こちらのマスクは日本製ではなく、中国製とのこと。

日本製のマスクをお探しの方には残念なお知らせです。

でも、たとえ中国で作られたとしてもスポーツ用品メーカーの厳しい品質基準が守られたマスクなら、この夏を涼しく乗り切るために選択肢に入れても良いのではと思います。

「スポーツフェイスマスク」の涼感素材「ベリークール」とは

汗に反応して熱を吸収する特性のある植物由来キシリトールを配合した生地

 

この「ベリークール」製ウェアを着用した時の体表面の温度差比較がこちら ⇩

ヨネックスの「ベリークール」を着用した時の体表面の温度差画像出典:ヨネックス

こちらの画像を見ると、

運動後15分後には「ベリークール」は見事に温度が下がっていますね。

ということは、汗に反応して無駄な熱を速やかに吸収してくれるということ。

この「ベリークール」で作られたマスクなら、これからの季節でもマスク内が蒸れて息苦しくなるのを防いでくれそうですね。

 

「スポーツフェイスマスク」を実際に使用した人の口コミ・感想

ヨネックスの「スポーツフェイスマスク」販売は7月上旬。

当然販売はまだなのですが、アンバサダーなのでしょうか!?

AKBの佐藤朱さんがヨネックスの「スポーツフェイスマスク」を使用した感想がSNSにありましたのでご紹介します。

爽やかな色合いが涼しげでいいですね。

見た感じは、ヨネックスよりミズノマスクの方が顔に密着しているような気がします。

素材や見た目の涼しさはヨネックスに軍配かな!?

まあ、実際に使い比べたわけではないので、あくまでも見た目だけの判断なのですが。

意見には個人差がありますので、ご参考まで。

 

スポンサーリンク



まとめ

マスク夏用日本製の人気はどれ?ということで2社のマスクを比較してきました。

ミズノとヨネックスのマスクの比較では

伸縮性ミズノ > ヨネックス
密着性ミズノ > ヨネックス
通気性ミズノ < ヨネックス
放熱性ミズノ < ヨネックス
生産国ミズノ 日本とインドネシア > ヨネックス 中国製

注意:以上は実際に使用した方の口コミ・感想などを元にマスクの素材なども考慮のうえ想定したものです。使用感は状況や個人により異なりますので、あくまでも参考程度になさってください。

 

苦しくない呼吸しやすいスポーツマスクをお探しなら、こちらもどうぞ ↓

ベージュのスポーツマスク
スポーツマスクの夏用おすすめ!苦しくない裏メッシュ加工が人気!嬉しいUVカットも マスク生活になれてきたとはいえ、暑ーい夏を不織布マスクで過ごすのは、かなりキツイですよね。 熱中症になってしまわないかと不...