起業家

【画像】前澤友作の子供時代は?ビジネス成功のカギとなる法則!

successと書かれたボードの画像

ZOZOTOWNのCEOの座を退いても、なお精力的に活動し話題を提供し続ける前澤友作さん。

お正月にはお年玉。

そして、コロナ禍の現在「前澤ひとり親応援基金」として、ひとり親世帯に10万円を1万世帯に寄付すると宣言し話題になっていますね。

ZOZOTOWNを一代で築き上げ、ビジネスの成功を収めたのは有名な話。

前澤友作さんは、どんな考えや行動で今の成功に至ったのでしょうか。

混迷を続ける今の世の中で、私たちの参考になることが少しでも発見できれば・・・。

そんな思いから、ネットに点在する前澤友作さんへのインタビュー記事などを集めまとめてみました。

 

前澤友作さんのビジネス成功のカギとなる法則が、その思考や行動から少しでも垣間見られればと思っています。

それでは、まず前澤友作さんの子供時代から紐解いていきましょう!

この記事の内容

  • 【画像】前澤友作さんの子供時代は?
  • 前澤友作さんのビジネス成功のカギとなる法則!

など調べまとめてみました。

【画像】前澤友作の子供時代は?

それでは早速、前澤友作さんの子供時代の画像からご紹介していきましょう!

View this post on Instagram

家族 #family

A post shared by 前澤友作 Yusaku Maezawa (MZ) (@yusaku2020) on

前列、ストライプのTシャツの男の子が前澤友作さんです。

#family とタグ付けして投稿されていましたので女性3人の内どなたかがお母様なのかもしれませんね。

でも、どの方なのでしょう?!

もしかたしたら、赤いワンピースの女性でしょうか?

何となく似ていらっしゃるような気もしますが不明です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

前澤友作 Yusaku Maezawa (MZ)(@yusaku2020)がシェアした投稿

跳び箱を飛んでいるこの画像。

小学校低学年の頃でしょうか。

なかなか活発そうな感じの少年でしたね。

カワイイ!

どんな家族構成で両親は?

1975年生まれ、現在44歳の前澤友作さんは千葉県の鎌ケ谷市出身(2020年5月現在)

ご両親と弟さんの4人家族。

父は会社員で経理・財務業務に従事。

毎日通勤電車に揺られて定年まで勤め上げられた実直な方のようです。

失礼ながら前澤友作さんとは真逆のようにも思えるのですが、
そんなお父様の姿にも少なからず影響を受けていたようで、次のように語られています。

朝から暗い顔した会社員の人たちに囲まれた通学の時間が、すごく無駄に思えてきたんです。自分の父親もこうやって毎日通勤電車にゆられて会社に行っていたのかと思うと、なんだかとても切ない気持ちになりましたね。

引用元:DREAM GATE

確かに夢多き高校時代に疲れた暗い顔の社会人を毎朝見ていたら、将来が不安になりますよね。

このような経験が活かされZOZOTOWNの企業理念「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を」「楽しく働く」が生まれたのかもしれませんね!

どんな少年だったの?

小学生の時はクワガタ採りの名人で、森でクワガタを大量に採ってはクラスの友達に量り売りをしていたそう。

それが初めてのビジネスのようで、そんな子供時代から商才を発揮していたんですね。

驚きです!

成功する人は自分の得意分野で稼ぐこと・現金化することが子供時代から身についている方が多いように思います。

 

音楽好きの両親に子供時代からコンサートに連れていってもらっていた影響もあってか、音楽に触れる機会が多かったようですね。

それと同時にオシャレに目覚めていたようですよ。

周囲が半ズボンを履いていた小学校4年生の頃で、すでに古着のリーバイスを履いていたといいますから、当時から良いものを見る目、先見の明があったと言えるでしょう。

 

そして、昔からおかしいと思ったことは口に出すタイプで、子供時代に親の勧めで通っていたいた塾の先生にも抗議したことがあるほど。

誰も疑問に思わないことや例え疑問に思ったとしても、抗わず進んでいくことが前澤少年にとっては「疑問」という壁になっていたのでしょう。

でも「何故なんだろう?」と疑問に思うことって大切ですよね。

そこから、思いもよらないアイディアが生まれたり。

そんだ前澤友作さんの思考や性格が成功の源になっているのかもしれません。

 

前澤友作さんを見ていると、少年がそのまま大人になったような気がします。

そのくらい真っすぐな性格?!に見えますよね。

きっと子供時代から変わらず真っすぐな性格なのでしょう。

勉強がデキる子だった?

勉強はそれほど一生懸命した記憶はないと仰っていますが、できたようですね。

それから、バレーとバスケット以外のスポーツもできたので、学生時代はモテたそうですよ。

クラスでリーダー的な存在、それとも目立たない存在?

クラスでリーダー的な存在だったかは不明ですが、

中学の先生に「悪の枢軸はお前だ!」扱いされたことがあり、ある意味目立つ存在だったようですね。

高校の入学式には赤いスニーカー。

そして、学ラン着用が義務付けられていたにもかかわらず、私服で通学するなど。

想像するだけでもかなりの破天荒振りで、かなり目立っていたと言えるでしょう。

そんな破天荒な前澤少年でも、担任の先生は理解してくれていたよう。

周囲の人に恵まれているんですね。

人に慕われる、特に年上の人に可愛がられ応援されるというのも、成功者によくある要素でもあります。

子供時代に好きだったことは?

中学3年でバンドを組むほどギターにのめりこんでいたそうです。

親の勧めで進学した早稲田実業高校時代もバンド活動に夢中。

その高校時代に結成したバンド名が「SWITCH STYLE」

そこではドラムを担当。

 

2年生からは週に2日だけ学校。

それ以外は建築系のアルバイトをして過ごす生活。

稼いだお金はライブハウスでのバンド活動に充てていたようです。

やはり子供時代から行動的で好きなことには猛進するタイプだったようですね。

そして、このライブハウスでのバンド活動がその後のバンドデビューへと繋がります。

スポンサーリンク



前澤友作のビジネス成功のカギとなる法則

View this post on Instagram

Smile with me #BeUniqueBeEqual

A post shared by 前澤友作 Yusaku Maezawa (MZ) (@yusaku2020) on

 

前澤友作さんが凄まじいスピードでビジネスの成功を収めた背景には、前澤さん独自の感性や考え方、行動が深く深く関わっているようです。

ここではそのビジネス成功のカギとなる法則を3つの視点から探っていこうと思います。

  1. ZOZOTOWNが設立されるまで
  2. ZOZOTOWNが他の企業と違うところ
  3. 前澤友作さんが他の人や他の経営者と違うところ

ZOZOTOWNが設立されるまで

高校卒業~ZOZOTOWN設立後の東証マザーズ上場までを見ていきましょう!

1994年 19歳 高校卒業後、渡米(半年間)
1995年 20歳 バンド活動と並行して自宅にてCDのカタログ通販を手掛ける
1998年5月 23歳 カタログ通販が成功(年商1億円)
有限会社スタート・トゥデイ設立
2000年 25歳 カタログ通販からオンラインショップへ移行
同年4月 スタート・トゥデイを株式会社化
同年10月 アパレル系通販も手掛ける
2001年 26歳 バンド活動停止、本格的に経営者として歩む
2004年 29歳 ZOZOTOWNオープン
2007年10月 32歳 ZOZORESORTスタート
同年12月 東証マザーズ上場

※表内の年齢は全て満年齢です。

前澤友作さんは学校を卒業後、一般企業に就職というお決まりのコースは選ばなかったようですね。

高校卒業後、半年ほど渡米。

と言っても「留学」ではなく「遊学」

前澤友作さんらしい気がしますよね。

 

帰国後はアルバイトをしながら「SWITCH STYLE」のバンド活動。

それとほぼ同時期にCDの輸入販売に乗り出します。

オフィスは自宅の6畳一間。

この事業がなかなか反響が良かったようで、その次に乗り出したのがカタログ通販。

これも注文が殺到し、瞬く間に年商1億円。

 

それから、1998年5月 前澤友作さん23歳の時のこと、有限会社スタート・トゥデイを設立。

そう、これがZOZOTOWNの前身!

 

それから、バンド活動を休止し、本格的に経営者として歩むこととなります。

システムを勉強し、自社サイトを作成。

カタログ通販からインターネット通販へ移行しさらに成功を収めます。

 

ZOZOTOWN設立当時は、ブランド品を通販で購入するという習慣がまだ浸透していなかった頃。

そんな時代にニッチな業界にいち早く目を向けるところは、流石としか言いようがありません。

 

成功の法則

  • 自分の「好き」や「強み」を活かす
  • ビジネス成功の糸口、ニッチな業種を見極める
  • 他社との違い、自社のブランディング

ZOZOTOWNが他の企業と違うところは?

ZOZOTOWNが一般企業と違うところ、それは

  • 基本給とボーナスが従業員一律 + 役職給 ⇒ 社内競争がなくなることでお客さんへのサービスを考えるようになる
  • 6時間労働制 ⇒ 最短時間で最高のパフォーマンス、余暇は遊びや趣味で刺激を受けるべし
  • 安売りはしない ⇒ ブランドの世界観を大切に、高くても売れる唯一無二のショップへ

 

ここにも、人と同じことは嫌いな前澤友作さんのポリシーが息づいているようですね。

きっと社員の方々は伸び伸びと働いているのでしょう!

 

成功の法則

  • 考え方はシンプルに、無駄なことに労力を遣わない

前澤友作が他の人や他の経営者と違うところは?

前澤友作さんが他の人と違うところは、

「人と同じことが嫌い」

「人と競争するのが嫌い」

というところでしょうか。

「人と同じことが嫌い」な経営者はたくさんいるでしょう。

でも「人と競争するのが嫌い」と言い切れる人はなかなかいないのではないでしょうか。

嫌いであっても、知らず知らずに競争社会に紛れてしまうものです。

でも、前澤友作さんは常に自分の信念に基づいて行動し、敢えて競争せずに済むよう事業展開していったのでしょう。

だからこそ、当時ありそうでなかったCDの輸入販売というニッチな業種に目を向け、

そして、そのビジネスチャンスに気づき、次世代に続くよう展開していったのです。

だからこそ前澤友作さんは成功できたのでしょう。

 

そんな前澤友作さん独自の考えを表している名言があります。

それは

そもそも評価なんてあってないようなものじゃないですか。全ては自分ではない誰かの価値観によって判断されている。そのこと自体に無理があると思いますね。人間は神様じゃないんだから。そんなことに時間をかけているんだったら、お客様のために、社会のために何ができるか考えたいんです。

引用元:講談社 ZOZO前澤社長がいま明かす「私の幸福論、仕事の哲学」

子供の頃から嫌いなことや無駄なことには目もくれず、己の信念に従い真っすぐ生きてきたからこそ、ビジネスで成功するチャンスが掴めたのだと思います。

 

成功の法則

  • 意味のない無駄な競争をしない
  • 自分の心が願わないことはしない

スポンサーリンク



まとめ

前澤友作さんの子供時代からZOZOTOWN設立までを追って見てきました。

前澤さんは、子供時代から自分の得意なことや好きなことを商売に繋げることに長けていたようですね。

そういった点を見ると子供時代から商才があったと言えます。

その才能を周囲の雑音に流されずに伸ばせたのは、前澤さんが生まれながらに持った性格や考え方が強く影響しているようです。

「人と同じことが嫌い」

「人と競争するのが嫌い」

一般常識や人の思惑に惑わされず、そして流されることなく、自分の心が願わないことはしないとご自身の心に忠実に生きてきた成果といえるでしょう。

 

前澤友作さんのビジネス成功の過程を色々調べてみて、私なりに分かったその成功法則とは

  • 自分の「好き」や「強み」を活かす
  • ビジネス成功の糸口、ニッチな業種を見極める
  • 他社との違い、自社のブランディング
  • 考え方はシンプルに、無駄なことに労力を遣わない
  • 意味のない無駄な競争をしない
  • 自分の心が願わないことはしない

ついつい人に流されて生きてしまいがちですが、前澤友作流を私の生活にも少し取り入れて実行してみようかと思っています。

 

ABOUT ME
Coco
Coco
はじめまして、Cocoです! このブログでは、「気になるー」「これから注目されそう⁈」「応援したい!」など、人や物にフォーカスした情報をお届けしていきます。 スキマ時間にサクッと読んで、リフレッシュしていただければ嬉しいです!